無所属新人 "the coopeez"

こんにちは。久しぶりの更新になります。

今回はTwitterの文字数では足りないので、こちらで。

 

さて、先日の11/12(日)にthe coopeezとの2マンライブがありました。

会場は大阪Pangea。僕らIRIKOもお世話になっているライブハウスです。

今回はthe coopeezが新作となる4th Full Album「appealtime」を2017年8月19日にリリースしまして、そのリリースツアー大阪編にお呼ばれしたわけです。

(普通だったら福岡編で対バンに僕らつける感じだと思うんですが、そこはバンドの漢気を感じました)

 

the coopeezとの出会いは、福岡の先輩がすごく好きで福岡で良く対バンしてたのを観に行ったことだったと記憶しています。

その後、MOJOでお世話になったこともあり、藤本さんを入り口に、メンバーみんなと話すようになっていきました。(多分、、、)

出会ってどれくらいかな。

初対バンは鹿児島だったような気もしますし、福岡だったような気もします。

その頃は結構イケイケな感じのイメージがあって、フロア煽って盛り上げてみたいなバンドで、面白いな、良いバンドだなってぐらいの印象だったんですよね。

 

そこからそう印象も変わらず、でもお互い気に入ってるみたいな関係が続いてました。

個人的にその印象が変わったのが、大阪城野外音楽堂で開催された「天才 売れない奴ら」でのライブを観てからです。

IRIKOは出てなかったのですが、ちょうどBAN'S ENCOUNTERでサポートベースを務めていて、ご一緒したんです。

the coopeezがトリ前に演奏してました。今までキャパ100人満たないくらいの小さなライブハウスでのイメージを覆す、救世主の様なライブをしたんです。

バンドのスケールが大きくなっていて、小さいライブハウスでは表現できていなかったんだなと、その時体感しました。

ただただ凄いなと、今でも鮮明に思い出します。

 

その後しばらくは一緒にやる機会もなく、久しぶりに対バンしたのはBAN'S ENCOUNTER主催のCHAMPON FES 2017でのことになります。

その時は、新作の「appealtime」を引っさげてのリリースツアーの一環でした。

メンバーもサポートにキーボードを迎えての5人での演奏。初めて見るバンド形態だったわけです。

新譜からの曲をメインに組んだセットリストでしたが、僕はその時そこまで感動もしてなくて、でも、周りのみんなは「ヤバかったね」と口々に言ってました。

そっか。と思いつつ、その日は終了。

後日福岡に来ていたので、再度観に行くことに。(この時にはもう2マン決定済み)

バンド形態は長崎と変わらず、セットリストもそんなに変わってなかったはずだけど、明らかに長崎の時とは違ってて、色んなヤバいが押し寄せて来ました。

仕上がってきてるな、と。

2マン、、、ヤバいな、と。

どうしようどうしようと考えているうちに、2マン当日を迎えることになったわけです。

 

結論から言うと、the  coopeezは最高でした。

福岡で感じたヤバさは見事に当たり、今まで観てきた中で1番良かったです。

楽曲製作時からの入念な準備や試行錯誤がしっかりと形となっていて、今までバンドとして集まっていたメンバーが、個々のミュージシャンとして存在し、それがバンドになっていたんです。

今年はその様なライブを同じ大阪Pangeaで観てます。

setimental boysと裸体と回ったスプリットツアーの時。setimental boysが神がかったライブをしまして、それとthe  coopeezが完全にダブっていました。

ああいうライブは観たくても観れるものではなく、目撃してしまうものだと個人的に思っています。

立ち尽くしてしまうというか、動けなくなるんですね。

あのバンドという大きな生き物になった姿。メンバー各々が手となり足となり、意思が繋がっているかのように、音と音が呼応する、そんなライブだったんです。

(特にベースのサトシさんが素晴らしかったっす)

「クーピーズはワンステージ上に登ったんだな」と、嬉しくもなり悔しくもなり、それを受け入れるのに数日かかって、今こうして書いてるわけです。

(いや、本当良かった。。。)

 

さて、the   coopeezは12月2日に新宿のred clothでワンマンライブがあります。

もし興味を持たれた方がいれば、是非駆け付けて下さい。そして、目撃して下さい。

the  coopeezが1日でも早く京都の至宝から、日本の至宝になりますように。

 

 -fin-

f:id:yamada_bass:20171117170320j:image

the coopeez 4th full album
appealtime
2017.8.19 release / 2,500円(税込)
ライブ会場・web shop にて販売 (配信リリース予定)
1.無力な瞬間
2.永遠に美しく
3.笑い過ぎ
4.サンドとイッチ
5.口以外すべて口
6.スーパーフューチャー
7.S&M
8.浅瀬で溺れている
9.アニマルプラネット
10.シーユーネクストタイム
本作はライブ会場・web shop にて限定販売 (配信リリース予定)

 

f:id:yamada_bass:20171117165705p:image

the coopeez ”永遠に美しく” - YouTube

何度も言うよ 君は確かに 僕を愛してる

f:id:yamada_bass:20160816125011j:plain

 

昨夜22:00に発表がありましたが、みなさんもう小耳にはさんでくれましたか?

大事なことなので何度も言いますね!

 

IRIKOが約7年ぶりにフルアルバムをリリースします! \パチパチ / \ ステキー! /

アルバムタイトルは『愛は祈りのように』

...ヤバくないですか?IRIKOどうした!?って自分でも思いましたもん。

なかなかパンチが効いてて、どう広がっていくのか非常に楽しみ!

発売日は10月26日(水)....震えて待て!!!

 

そしてもちろんリリースツアーも!

-「愛は祈りのように」東阪福3ヶ所強襲TOUR-

と、題しましてツアーやります!ファイナルは福岡BEAT STATIONでのワンマン!

やるしかない!

皆さんの愛をIRIKOへ!よろしくお願いします!

 

アー写も一新しました!

福岡を代表する居酒屋「やまちゃん」に許可を頂き、福岡を背負う覚悟の気合の1枚。

福岡にIRIKOあり!と言われるよう、もっともっと濃厚なバンドになるので、応援して下さい。

f:id:yamada_bass:20160816124353j:plain

IRIKO HP...iriko

 

 

最後に昨日のアマガミ.10の様子を。弾き方おもろい。(photo by MITU)

f:id:yamada_bass:20160816130055j:plain

f:id:yamada_bass:20160816125626j:plain

f:id:yamada_bass:20160816130119j:plain

 

アー写もみっちゃん(MITU)に撮ってもらいました!

 

しんどかったけど続けて良かった

いよいよ来週リリースの会場限定シングル『雨のあと』が手元に届き、両親やバンド関係者に何枚かではあるけど渡し終わった。

音源を作り終わって、またすぐにレコーディングをして、今はミックス作業中。

GOサインが出てないので詳しくは書けないけど、これまた良い作品になりそうな予感バリバリ。

個人的に、自分達の音源は形にしてしまったら聴きかえすことはほぼなかったんだけど、今回の『雨のあと』に関しては結構聴き返してて、そして現在ミックス中の曲たちも何回も聴いてる。

音の確認もあるけどね、それとは別でね。

 

今までの活動だと、ライヴで新曲を披露して、それを音源化!って流れだったんだけど、今回はライヴではほぼやってない曲なので、CDを聴いて貰ってどんな反応があるのかすごく楽しみ。

 

サポートドラムでの活動をはじめて約2年半。

約1年半サポートをしてくれて、上京した萩尾周平。

もうすぐ1年になる楠田龍仁。

他にも無理言ってサポートしてくれた各地のドラマーのおかげで、活動を続けることができました。

で、今回の『雨のあと』リリース。

伝わらないかもしれないけど、感慨深いモノがあるよね。

それが、音源を何回も聴き返したりしてることにも繋がってきてるのかな。

これ以上はいくら言葉で書いても伝わらないから、ライブで聴いてもらって、音源手にして、歌詞を読んで貰えたら、なんとなーく伝わるのかもと思っています。

 

ここまで読んで貰って悪いんだけど、なんか言いたいこと全然書けねー!!!! 

(ライブ見て欲しい!それだけ!!!)

f:id:yamada_bass:20160609145021j:plain

会場限定single

雨のあと

\500(tax in)/DRF-1003

 

m-1.雨のあと

m-2.spring in my mind(再録)

 

雨のあと Release Tour

 

07/19(火) 心斎橋Pangea

07/20(水) 京都GATTACA

07/23(土) 久留米GEILS

07/24(日) 福岡UTERO

 

08/04(木) 福岡四次元

08/15(月) 福岡UTERO -アマガミ.10-

08/16(火) 佐賀RockRide

08/19(金) 下北沢BASEMENTBAR

 

【IRIKO HP】iriko

IRIKOが長い沈黙を破り、久しぶりに音源を出すみたいですよ。

先日、Twitterで告知しましたが7月19日に会場限定ワンコインシングル「雨のあと」をリリースします!

 

f:id:yamada_bass:20160609145021j:plain

「雨のあと」

1.雨のあと

2.spring in my mind

¥500-(tax in)

 

今回も、久留米WEST POINTでのレコーディングです。

いつもお世話になっているゆーきゃんさんと高岡さんの力をお借りして、良いCDを作ることができました。

ジャケットデザインはIRIKOのスタッフで力を貸してくれている、田代理沙ちゃん。

雨上がりの淡くキラキラしたものを、僕は感じたのですが皆さんはどうでしょうか?

何か昭和というか、懐かしいモノを感じるんですよね。

色褪せない思い出、というか。

 

そして、リリースに伴いツアーもやります。

久しぶりの音源ですからね、早くみんなの手元に届けたいし、耳から脳みそへ、そして五臓六腑へ沁み込ませたいなと思っています。

ツアー日程は最後にまとめますので、そちらをご覧下さい!

 

今回のレコーディングは現在サポートしてくれているリュウジン君とのレコーディングです。

レコーディングをする度に、ドラマーが違うIRIKOですが、今回も今までと違った楽しいレコーディングでした。

僕個人としては、ドラムに付いていくことに必死でしたが。。。

でも、それが楽しいんですよね。燃えるんです。結果、良いテイクになったかな。

 

ベースの機材に関して言うと、

【Bass】TOKAI HARD PUNCHER

【Effecter】 EBS MULTI DRIVE

【DI】 AVALON U5

【HEAD AMP】 AMPEG SVT 450H

 

ラインの音と、アンペグのラインアウト

ミックスではこの2つの音を混ぜながら、ベースサウンドを作ってます。

結果的にアンペグの方は薄らしか鳴ってないです。ベースっぽい音にはなるけど、今の自分の求めてるものではなかったので、ほのかに香るアンペグ風味になりました。

そして、既にレコーディングが控えてるんですが、今度はまた録り方を試してみようと思っているところです。

わがままを沢山詰め込めたらな、、、。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

IRIKO 「雨のあと」リリースツアー

【随時追加予定】

 ⚪7/19(火) 大阪Pangea

w/the coopeez,鳴る銅鑼,First Impression

⚪7/20(水) 京都GATTACA

⚪7/23(土) 久留米GEILS

⚪8/4(木) 福岡PublicSpace四次元

w/sentimental boys,STEPHENSMITH

⚪8/15(月) 福岡UTERO『アマガミ ルート.10』

⚪8/16(火) 佐賀Rock Ride

⚪8/19(金) 下北沢BASEMENTBAR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

怒涛の1日を終えて残ったもの

f:id:yamada_bass:20160518150014j:plain

先日、5/14(土)はIRIKOとBAN'S ENCOUNTERでの2ステージだった。

 

BAN'S ENCOUNTERのサポートをする予定は全くなかったんだけど、当日の3日前、日を跨いだ水曜日の夜中1時に電話があった。

『山田さんベース弾いて貰えませんか?』と、vo&gt.松尾君。

何て受け答えしたかは忘れたけど、『俺で良ければ良いよ』とかそんな感じだったかな。

サポートのいきさつを聞き、セットリストと曲のデータを送ってもらい、その日は深夜だったので就寝。

正直、本番まで日にち的には全然なかったし、曲も7~8曲と多めだったから、めちゃくちゃ焦った。

朝起きて、曲を携帯に取り込み、仕事しつつ空いた時間に聞いて弾いての繰り返し。

曲の構成も全然頭に入らないから、ノートを引っ張り出して、パートごとの小節数書き込んで、細かいフィルも自分だけ分かるように「ダッダッダッ!」とかひたすら書いた。

IRIKOだと鶴君の癖的なものに慣れたのか、新曲でもスッと構成は入ってくるんだけど、やっぱりバンドが変わると『えっ!?ここでこうなんの?』とか『ここ何メロなん!?』みたいに、構成を覚えるのが一番大変だった。

幸い、バンズとは対バンする機会も何度かあったから、初めて聴く曲がほぼなかったし、フレーズ的にも弾けないものが無かったのは、助かった。

 

まぁ、それでも構成はなかなか頭に入らないし、頭に入らないから身体にも入らない。

常に考えながら弾いてるから、演奏に余裕が出ない。

とりあえず音楽聴ける時間は、全部バンズだった。

マジで一生分バンズ聴いたんじゃない?ってぐらい聴いた。

 

そうこうしてるうちに、ライブの日は刻々と近づいてくるし、もちろんIRIKOのスタジオもあるし、限られた時間で我ながら頑張ったと思う。

 

バンズは長崎のバンドで、僕は福岡に住んでいるから、ちょっとスタジオで合わせようってのも無理。なので当日にスタジオ入って、あとは本番!って感じ。

UTEROでバンズの初練習をして、そのままIRIKOリハ。リハ終わりにgrafへ移動しバンズリハ。

リハ終わりは、とりあえずお腹空いたからラーメン食べに行ったけれど、緊張して味がしない。あんなに美味しくないラーメン、人生初だったかも。

 

grafでのイベントが開演。

the albatrossとさよならポエジーが僕らの前にライブしてて、自信喪失してるのもあって、何かめちゃめちゃ良いライブしてるように見えた。

『俺はバンズをちゃんと魅せられるだろうか?』って考えてたら、『山田さん、今日は今日で楽しみましょう!』と2人が言ってくれたので、すこし緊張がとれた。

1曲目は緊張したけれど、その後はリラックスして演奏できたかな。

それでも、ステージ上ではあっという間だったけど。

 

バンズでのステージが終わったらすぐにUTEROへ移動。

身体と意識を少しでも早く切り換えたかった。着いたら百蚊がライヴしてて、やっとホッとした。

SuiseiNoboAz→IRIKOの流れで、楽しくも激しくライブを終えることができた。

 

疲労感半端なかったので、少し早めに帰宅。次の日も朝早かったので、シャワーを浴びて就寝。

 

以前、the amber tortoise というバンドでサポートをやっていたけれど、その時の経験からサポートってのは自分はあまり向いてないかもな、と思ったことがあった。

それで、サポートは止めようと思っていたから、今回の話はちょっとためらったんだけど、『困っている人がいて、ベース弾くことで手助けできるなら良いか』と思える自分がいた。

サポートでベーシストとしてのスキルを上げるぜ!って野心も持ったことあったけど、今回みたいな引き受け方のほうがしっくりした。

弾く理由って本当に大事だなと思えた、濃い3日間だった。

声をかけてくれたバンズの2人、時間の調整をしてくれたIRIKOメンバーに感謝。

 

(BAN'S ENCOUNTERでの自分のなかなか様になってる...!?)

【週のまんなか #3】

先日、24日はIRIKO主催『アマガミ』を終えました。

SPANK PAGE / torch / sea's line

をお迎えしての、楽しくでもバチバチな内容になりました。
ご来場頂いた皆様、出演して下さった皆様、本当にありがとうございました。
次回は、6月18日にナードマグネットを迎えてのアマガミになります。
毎回毎回、良いイベントになっています。

次回のイベントからやってみたいことも増えたので、やってみます。


さて、明日は大阪Pangeaでライヴです。

f:id:yamada_bass:20160428003630j:image
裸体 / told / ircleとの4マンイベントに捩じ込んでいただきました。

僕の中でターニングポイントになるライヴです。
ベースヒーローを追うプレイは、もうしないでしょう。
山田 恭兵として、自分のベースを弾く日々が始まりました。
その第一歩。とても楽しみだな。

【週のまんなか #2】

昨日は生憎の雨。
朝7時過ぎに家を出て、7時半過ぎには職場に着く。
出勤時は曇っていたが、雨が降るのは明らかで、少し気持ちが沈んでいた。
そして、少し肌寒かった。

火曜日は久しぶりに4人でのスタジオ。
来週の19日からレコーディングだ。
ライヴでもやったことのない、新曲を録音する。

良いものを作ろう。そして、早く届けよう。
そのためには、自分が妥協しないように気を付けよう。
そう思いながら、今月は過ごしている様な気がする。

新曲は、雨上がりに思いを馳せながらあなたを待つ。そんな歌だそう。

雨の日は気持ちが沈みがち。
だから、好きな人と待ち合わせをしてみるのも良いかもしれない。
顔を見たとき、声を聞いたときに気持ちが晴れることだろう。

そんなことを考えながら、ベースを弾いてた水曜日の夜だった。