近況をざざっと書いてみた。

前回の記事から1ヶ月。あっという間。。。

 

黒猫チェルシーとの対バンを終えて、3月からは東京ー福岡ー大阪ー京都の4本のライブをやりきった。

 

■東京 @下北沢Circuit Panic!

3/11

BEAT HAPPENING!というイベントの主催:水口さんに誘っていただき、車で約16時間かけて東京へ。

この日のサポートドラマーは以前IRIKOで叩いてくれてた、萩尾周平(ex.Chainsow TV)

前日の深夜に萩尾とスタジオ入りして、懐かしさを味わいつつグルーヴを高めていく。

萩尾が上京して約4ヶ月。

お互い音の出し方やノリ、曲の解釈ってのは変化しているから、ベース弾きつつ細かい所の確認作業。

スタジオ後には萩尾の家で軽く飲み、就寝。部屋も綺麗で俺は、感心。

 

3/12

f:id:yamada_bass:20160302150520p:plain

f:id:yamada_bass:20160302150504p:plain

下北沢Circuit Panic!!!当日。

IRIKOは下北沢Cave Beでの出演。機材搬入を終え、出番まで少し時間があったので下北沢をぶらぶら。

この日は

 

□BASEMENT BAR

□CLUB 251

□CAVE BE

Daisy Bar

□THREE

□Laguna

□GARDEN

 

の、7会場を使ってのサーキットイベント。

全会場が程よい距離にあり、移動していると下北の街並みも楽しめる。

サーキットイベントはやりやすいが、ライブハウス激戦区でもあり、やっぱり住み分けとか出来てるんだろうな、と思った。

16:00~出番だったので会場入りをし、準備をする。

サーキットイベントはリハの時間があまりないので、いつも以上に集中して音を作る。

音出し後にすぐ本番。萩尾とのライヴを楽しくやる。ライヴ中、萩尾のクラッシュの音はやっぱりデカかった。

ライヴ終了後は、機材を搬出し会場を回る。

会場ごとにハコの雰囲気も全然違う。個人的にはGARDENでいつかやりたい。

良いバンドもたくさん見ることができた。同じ福岡のTHE VOTTONESも良いライヴをしていた。ベストアクトは決められない。

萩尾に「またやろう」と告げ、東京を後にした。

 

■福岡Public Space四次元

3/18

AGE FACTORY来福。


Age Factory "さらば街よ" (Official Music Video)

AGE FACTORYとは個人的には仲良くないが、対バンする機会は最近増えている。

前回は12月の佐賀「one plus one」。なので、約3ヶ月ぶり。

前回の佐賀も、今回の福岡も良いライヴをしていた。

その日出演していた森山タカヒロBANDは解散を発表。空き時間、久しぶりに地元バンドと話をしていると、色んな悩みや葛藤や諦めがあるようで、試行錯誤をしている。

僕は話を聞きつつも、どこか他人ごとに聞こえてしまった。

今は悩みを語る気分じゃなかった。半年前くらいなら、一緒に共感できたのに。

それは、タイミングの問題だった。

 

■京都GROWLY

3/29

f:id:yamada_bass:20160406145624j:plain

秒針というバンドのレコ発で、声をかけてもらい京都へ。

京都までは車で約8時間。今回のサポートはLINE wanna be Anchorsの龍田一馬(ex.Lop Abuse on Somebody)


LINE wanna be Anchors / " アンチヒーロー " MV

1年前ぐらいに対バンで知り合って、その時はこうやって一緒にライヴするなんて思っても見なかったけれど、人と人の繋がりは何があるか本当に分からない。

今回も、早めに京都へ向かいタツタ君とスタジオへ。

萩尾とは違い、この日が初めての音合わせで不安があったが、音を出してみると大丈夫そうだなと思えた。

サポートの人たちと沢山やるようになって気をつけていることは、細かいことは気にしないこと。

その場その場で反応していく楽しみを感じて演奏した方が、結果良いことが多い。

そして、この日はスタジオよりも本番の方がグルーヴしていた。

非常にナイスなドラマーで、この日食べた天下一品もナイスだった。

軽く打ち上げを終え、福岡へ。泥のように眠った。

 

■大阪FANJ

4/2

f:id:yamada_bass:20160215134035j:plain

キキトラックスのレコ発ファイナルで大阪FANJへ。

FANJはおそらく4回目ぐらい。この日も、前回の京都に引き続きタツタ君でのIRIKO。

リハ前にスタジオへ。心斎橋246というスタジオのベースのキャビネットがとても好みだった。前回のおさらいをしつつ、セットリストの確認。

曲の理解には、人によって全然違うなと思う。

スタジオを後にし、FANJへ。リハは超苦戦。

SWRというメーカーのヘッドアンプの使い方をつかめず、リハが終わる。

大阪でラーメン食べ、イベントの1番目を務める。

しっかりとライヴをやりつつ、ハプニングを楽しみつつ、タツタ君とのIRIKOをお披露目した。

急なお願いにも関わらず、しっかりとドラムを叩いてくれたタツタ君に感謝。

裸体のカズーも遊びに来ていたので、福岡帰る前にみんなでご飯を食べた。これがめちゃくちゃ不味かった。外れを引いた自分を恨んだ。

タツタ君にも「またやろう」と約束を交わし福岡へ。

近い日程での関西単発ライヴが続き、とても疲れた。福岡への道のりが、こんなに遠く感じられたのは初めてかもしれない。

 

ー完ー 

さよならする きれいさっぱり

f:id:yamada_bass:20160302150539j:plain

この写真を撮って、もう3日前になりますが、IRIKO ×黒猫チェルシー沢山の方に観ていただくことができ、大変嬉しく思っています。

本当にありがとう。

 


黒猫チェルシー 『グッバイ』MV~Short Ver.~

今回の黒猫チェルシーのツアーが「グッバイ」リリースツアーとのことで、福岡篇は僕らIRIKOが対バンを務めさせていただいたわけですが、他の会場では名前をよく聞くバンドがツアーサポートしてて、本当に当日までは『嫌だなぁ...』と本気で思っていました。

僕らはドラムがサポートメンバーであり、また固定メンバーでもないので毎回毎回ライヴするのがプレッシャーです。

今回はサポートドラムに池谷はるか(the gofuku town)を迎えてのライヴになり、自分の責任とできることを擦り合わせて、何とかステージに立つことができました。

女の子ならではの柔らかさと丁寧さが、良い塩梅になったかなと思います。

まぁ、ライヴ中はいっぱいいっぱいなんであまり覚えてないんですけどね。

 

で、黒猫チェルシーの話。

ひとことで言うと、スゲーいい人達。人間性が音になって、歌になって、曲になってた。メンバーも幼馴染らしく、その辺のグルーヴは唯一無二でした。

ボーカルの渡辺大地くん以外は、小学校からバンド組んでたって話を聞いて、『そりゃ上手いわけだ』と納得。

サウンドもフレーズも一世代上の人たちの心をくすぐるようなものが散りばめられてたし、大地くんの歌はストレートだから、若い子たちにも届きやすい。

客層の幅が広かったのもこれまた納得。で、メンバーの優しい人柄。

良いバンドだな、と思いました。個人的には「アナグラ」生で聴けて、ちょっとテンション上がった。

お客さんも本当に楽しそうでした。

 

黒猫のみんなと、『今度はIRIKOの企画で福岡呼びます!』と約束したみたいなので、また約束を必ず形にしたいですね。

そろそろ『アマガミ』大きいのやりたいなと思っています。

今度はBEAT STATIONぐらいでね。1日貸し切ってやってみたいな、、、なんて。

久留米でやるのもアリだな、、、なんて。

 

 

3月からまた切り換えていきますので、よろしくお願いします。

次回は3.13@東京。久しぶりのアイツとのIRIKOです。どんなんなるんやろ~楽しみだな!

f:id:yamada_bass:20160302150520p:plain

f:id:yamada_bass:20160302150504p:plain

そうそう、『アマガミ ルート.8』も開催決定しています!

僕のベースヒーローとやっと対バンします(泣)

これはまた後日書きますので、お楽しみに。

iriko

 


グッドバイ THE HIGH-LOWS

Amazonのダンボールが溜まっていくこと

f:id:yamada_bass:20160301152959p:plain

 

あー福岡市内に引っ越して、もうすぐ1年。

実家に居た頃と比べて、変わったことがある。それは買い物の仕方。

 

職場は天神ど真ん中で、住んでいるところは西鉄天神駅まで自転車で約15分、特に不自由はしてない。

しかし、実家にいた頃ほど買い物は楽しくない。

田舎だったこともあり、CD1枚買うにも車で30分走らせなければならなかった。

そして、今は生活圏内になんでもある。

生活圏内にあるからこそ、わざわざ買い物に行くことも億劫になってしまう。

 

CD1枚みたいに荷物にならない軽い買い物ならまだいいが、ちょっと大きな買い物になるとそれを運ぶ車がない。

そこで便利なのがネット通販。

田舎の実家にいた頃はネットで買い物をすることにめちゃくちゃ抵抗あったのに、今では少しずつお世話になっている。

去年の冬前に石油ストーブをAmazonで買ったのがきっかけ。

実際に店舗に行って実物見たり、リサイクルショップで安価で手に入らないかな?と動いてはみたものの、ネットで買った方が安いことも多い。

そしてやっぱり持ち帰るためには車が必要だったりするから、宅配までしてくれるサービスは車のない生活には、大変ありがたい。

 

ネットショッピングして思ったことの1つが、宅配時間が曖昧であり商品が届くまでの時間が、非常に煩わしいこと。

例えば、午前中に時間指定した場合、その日の午前中は家に居なきゃいけなくなるから、どうも縛られてる感じがして苦手だ。

14-16時に指定したとしても、14時過ぎなのか、15時頃なのか、16時前なのかは分からない。商品の届く時間で1日の時間の使い方が変わってくると言っても、過言ではない!とも思っている。(実際、そうだ)

 

なので最近は、大きな商品以外は近くのコンビニに届くよう指定して、空いてる時間に取りに行くことにしている。

支払いもその時にすれば、クレジットカードの明細を見てじぇじぇじぇ!と驚かなくてすむ。

あと、数日後にはEmily's + D revolutionの新譜が届く。個人的にタワレコのレジってめちゃ遅いから、イライラすることもないし、オンラインでもポイントは貯まるし、店舗販売よりも値段が安いしで、メリット多い。

CDとの出会いは減っちゃうけど、今となっては新しい音楽に出会うのもYouTubeで済むからね。

何だかんだで、現代に生きているなと痛感しますし、早くMV撮りたいなと思います。

話の着地点めちゃめちゃですが、今回はこんな感じです。

 

現金払いが結局一番良い。

ぞぞぞ。

昨日観た魔女の宅急便がとても素敵な映画だった

www.youtube.com

 

えー。右耳の耳鳴りに悩まされ始めて、約半年。

耳の聞こえは悪くないけど、音楽や私生活で聞こえてくる物音に「ジリジリ、ジリジリ」とノイズが乗ってしまう。

気にしなければ何てことはないし、逆に気にしすぎて神経質になる方が身体に悪いような気もするから、とりあえず病院だけは行っておいた。結果、原因不明なのだけれど。

 

まあ、スタジオも入れるしライヴもできる。変わったことは耳栓を持ち歩くようになったこと。

でも最近ちょっと変。スタジオで音を出していると、何か頭がボーっとしたり、ライヴ観ててもボーっとなる。

数日前から、本を読んだりPC作業でうつむくと、軽いめまいもするようになってきた。なので、この記事も吐きながら書いてる。(嘘だけど。。。)

とにかく、私生活にも支障が出てきてちょっとヤバいな、、、と思いつつも、原因が分からないから困ってる。

耳鳴りから始まった症状だから耳鼻科に行ってたんだけど、耳鼻科じゃないのかな?

近々、大きい病院に行く予定。今すぐ良くなれとは言わないけれど、せめて原因だけでも分かったら良いな。(情報求ム!!!)

 

話変わって、これからのスケジュールを。

■2/28(日)福岡DRUM SON

w/黒猫チェルシー

f:id:yamada_bass:20160215134041j:plain

 

■3/13(日)下北沢Cave-Be

bh-max.com

 

■3/29(火)京都GROWLY

秒針pre.「THIS SIGNS OF START」

w/ 秒針 /  shimmer / sankanshion / みつきゃすたー

 

■4/2(土)心斎橋FANJ

キキトラックスpre.「Here Comes The Sun」

w/ キキトラックス /  YUEY

f:id:yamada_bass:20160215134035j:plain

 

関西-関東がちょっと決まってきています。

他にも、次回の「アマガミ」や他県のイベント決まってきています!解禁可能になったらお知らせしますので!

各地各地でしっかりIRIKOを目撃して貰いたいので、バンドはもちろん、個々の体調を万全にしておかなければ。

 

------------------------------------------------------------

 

先日、熊本までクラムボンを観に行きました。

題して

[ clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー

 

メジャーレーベルから独立しておそらく初めてのツアーだったのかな。

新作のミニアルバム引っ提げて、DIYバリバリのライヴだった。

MCもなかなか生々しくて、バンドやってる僕からしたら夢のあるような夢のないような、そんな話。

だから、新作のミニアルバムもCDショップへの流通をやめて、今回は会場での手売りのみ。

不特定多数ではなく、ライヴに足を運んでくれる人へ直接、「ありがとう」と伝えることを大事にしていきたい、とそんな感じだったかな。

クラムボンがやろうとしていることは質の違いはあるけれど、僕らが現在やっていることの延長線上にあると思う。

20年メジャーでやってきたクラムボンがやるから意味があるのかもしれないけれど、各バンドがチームとなって少数精鋭で活動していくスタイルが、そう遠くはないのかもしれないね。

もちろんライヴは素晴らしかった!

 

今月はチケットのお金振り込んだり、知り合いのライヴを観に行ったりして、金欠。

金欠関係なく、チケットの値段は高いなと思うことが多い。

今月は山下達郎クラムボン、あとは知り合いのライヴが2本。

山下達郎¥8,000-

クラムボン¥2,500-

その他は¥2,000-と¥1,800-

これに各会場ドリンク代の¥500-がかかってくる。

チケットの値段の付け方というよりも、満足度の差が大きい。

お金を払うからには、良いものを観たいのは当たり前だ。

会場の広さや、質、お客さんの様子でその日の雰囲気は変わってくるし、こっちの期待感も変化するものの、演者側の気持ちや準備というものはフロアへも嫌なほど伝わってくるものだ。

いつも自分への戒めになるけど、「やっぱりそうだよね!」と再確認した1月₋2月だった。

『来てよかったです!』

『来てくれてありがとう!』

こんな会話を、ここに嘘のない会話をできるようなバンドになろう。

 

...耳鳴りの原因は考えすぎによるストレス!?

(この耳栓が気になっている...情報求ム!!!)

Westone WST-TRU-UNI-WM25

Westone WST-TRU-UNI-WM25

 

 

大丈夫だよ

暖かい室内に入って、かけてる眼鏡が曇ってしまう。
冬空の下に出て、春の訪れを感じる。
何かを共有して、ああだったこうだったと話している時、何とも言えない幸せを感じてしまう。
これが、「歓び」なのかな。

休みは働くためのモノじゃない

www.youtube.com

 

2ヶ月に1回のペースで開催している『アマガミ

先日、『アマガミ ルート.7-バイキルト-』が無事に終わりました。

満員御礼。感謝感謝です。

f:id:yamada_bass:20160112123511j:plain

 

今回は、鳴ル銅鑼 / BAN'S ENCOUNTER / うろこ / IRIKOの4バンドでした。

音楽性は違うし、メッセージも違う。でも何か縁があって一緒にやれたのは、各バンドの人間力なのかな。それと、中西のブッキング力ですね。

オープニングアクトのうろこ以外はロングセットで、普段よりもそれぞれやりたいことや伝えたいことが分かりやすかった気がしました。

 

後々は『アマガミ』を2マンイベントにしたいな、なんて個人的には思ってます。

 

■福岡の若いバンド枠で今回はうろこに出演してもらって、僕自身は初めてライヴ見せて貰いました。

自分の知らないところで下の世代はどんどん出てきてるから負けたくないなと思いますよね。だから、できる事なら活動を続けて欲しいな。

(うろこが解散するとかいう話ではない)

 

■BAN'S ENCOUNTERは最近県外一緒になることが多く、ちょくちょく観てたけどvo&gt.の松尾君がいつもブレずに伝えたいことを伝えてる姿に『良いな』って思ってしまう。

ギアがかかって爆発するバンドはやっぱり格好良いし、好きだな。

 

■今回は鳴ル銅鑼のレコ発ってことだのアマガミだったんですが、鳴ル銅鑼は前の印象と変わってたな。絞ってタイトになってた。演奏も曲もバンドも。

音が変わるとバンドで何かあったんだろうなって勝手に思ってるんですが、絶対何かあったよね。もちろん良い意味で。

 

-----------------------------------------------

 

イベント前後に休みがあったので、福岡市県立美術館に『高島野十郎展』を、福岡市美術館に『モネ展』を観に行きました。

一時期TVの『美の巨人たち』に嵌ってる時期があって、その時に観たモネの『サン・ラザール駅』を生で観れたのは貴重な体験でした。

高島野十郎も力強い画で、迫力がありました。でも全体的に暗め。明るい画でも暗い。

それが負のパワーなのか分からないけど、凄く疲れたのは覚えてます。

その逆でモネは凄く明るく優しい画だった。暗めの画でもどこか優しい。

とにかく優しさが溢れていて、多幸感とはこういうことをいうのだろうな。

 

モネ展に行った日、とても天気が良かった。

高島野十郎展の日は、雪の降るとても厳しい寒さだった。

 

たまたまだよ。偶然だよ。と言ってしまえばそれで終わりだが、どうしても無関係には思えなかった。

 

例えば、イベント帰りの帰り道、そう思えるようなことはあるのかな。

もう一度、自分に問いただしてみる。 

素晴らしき世界

2016/01/16(水)

THE FOREVER YOUNG『素晴らしき世界ツアー』@広島BoRDER

w/THE FOREVER YOUNG,My Hair is Bad,ORANGE POST REASON

www.youtube.com

 

 

 

沢山の方々に観て貰うことが出来ました。そして、そんな機会を与えてくれたTHE FOREVER YOUNG本当にありがとう。

 

今回はTHE FOREVER YOUNGに関して、書いてみようかな。

(※THE FOREVER YOUNG以下、エバヤン)

エバヤンと僕らIRIKOは地元が福岡県の久留米市というところで、バンドの関係としては先輩後輩になるわけですね。

僕らが高校生の時(約11年前)にバンドをやり始めて、その頃メンバーの国武さんと平田さんはチーム大塚ってバンドで、メロコアやパンク系の音楽をやってた。

でも、この頃は先輩バンドの1つって感じだったかも。当時はバンド沢山いたな、、、。

ちなみにドラムの良太くんはsmash80だったかな?学生の青春って感じのバンドやってて、個人的にはちょっと苦手なバンドだなと感じてた。

その後解散して、性春ボーイズってイケメンバンドやってMONKEY'S GRIPPERに至るはず。

魔法のiランドでHP作ってたのもこの頃。

 

で、チーム大塚解散があり、MONKEY'S GRIPPER解散があってKARIBU x NO x KAIZOKUが結成されたのかな。

カリブになって、ギターの平山りょう兄と出会って、ライヴ観に行ったら唾を吐きかけられることになる。(その当時、唾吐きはパフォーマンスの1つ)

第一印象は最悪だった。

 

そんな感じで、僕らが活動している目の上にはいつもエバヤンは何かしら活動してて、常に先輩って感じ。

活動するにつれて、先輩バンドは減ってしまって、気づけばIRIKOとエバヤンが年長組になっちゃってました。

当時、先輩風を吹かせていた人たちはどこにいったんだろうか?何てことを思うことも、たまにある。

 

地元は同じで同じイベントに呼ばれたりすることも多かったから、何度も共演はしてるんだけど、不思議なことにどちらかのイベントに呼んだり呼ばれたりすることは0に近いかも。

あえてそうしてきたつもりはなかったから、自然とそうなってた。

でも、スタジオでは顔を合わせることがあるから、久しぶりって感じもないし。

だからこうやってイベントに呼んで貰えることは、とても特別な感じ。

しかも、レコ発という大事な場面だから変に緊張しちゃうよね。

実際、久留米GEILSも先日の広島BoRDERもめっちゃ緊張した。

 

ざっと今までを振り返ってみて、広島BoRDER。

ライヴについて、あーだこーだと言うつもりはないけれど、ひとつ思ったことがある。

エバヤンはあの日あの時、ステージにいたのにステージにいなかった。

僕の目には、もう先のステージを見ながら演奏しているように感じた。

チーム大塚時代からのライヴを観てきて、一番の変化を感じたのはそこだった。

常に先を見据えてなきゃ、あんなパワーのいるステージはやっていけないよね。

ライヴが良かったのは言わずもがな。

でも、まだまだ『素晴らしき世界ツアー』は終わってないから、2/14@新代田FEVERでのツアーファイナルはもっと仕上がってるんだろうな。

My Hair is Badとの2man。もしこれを読んでくれてる関東圏の人がいたら是非目撃して欲しい!

 

 

何かエバヤンメインの内容になっちゃったけど、とても優しい先輩への感謝の意を込めて書いてたらこうなってしまった、、、(笑)

広島のお客さん達がとても楽しそうに泣いたり、笑ったり、歌ったり、口ずさんだりしていたのが印象的でした。

f:id:yamada_bass:20151222152929j:plain