読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしき世界

2016/01/16(水)

THE FOREVER YOUNG『素晴らしき世界ツアー』@広島BoRDER

w/THE FOREVER YOUNG,My Hair is Bad,ORANGE POST REASON

www.youtube.com

 

 

 

沢山の方々に観て貰うことが出来ました。そして、そんな機会を与えてくれたTHE FOREVER YOUNG本当にありがとう。

 

今回はTHE FOREVER YOUNGに関して、書いてみようかな。

(※THE FOREVER YOUNG以下、エバヤン)

エバヤンと僕らIRIKOは地元が福岡県の久留米市というところで、バンドの関係としては先輩後輩になるわけですね。

僕らが高校生の時(約11年前)にバンドをやり始めて、その頃メンバーの国武さんと平田さんはチーム大塚ってバンドで、メロコアやパンク系の音楽をやってた。

でも、この頃は先輩バンドの1つって感じだったかも。当時はバンド沢山いたな、、、。

ちなみにドラムの良太くんはsmash80だったかな?学生の青春って感じのバンドやってて、個人的にはちょっと苦手なバンドだなと感じてた。

その後解散して、性春ボーイズってイケメンバンドやってMONKEY'S GRIPPERに至るはず。

魔法のiランドでHP作ってたのもこの頃。

 

で、チーム大塚解散があり、MONKEY'S GRIPPER解散があってKARIBU x NO x KAIZOKUが結成されたのかな。

カリブになって、ギターの平山りょう兄と出会って、ライヴ観に行ったら唾を吐きかけられることになる。(その当時、唾吐きはパフォーマンスの1つ)

第一印象は最悪だった。

 

そんな感じで、僕らが活動している目の上にはいつもエバヤンは何かしら活動してて、常に先輩って感じ。

活動するにつれて、先輩バンドは減ってしまって、気づけばIRIKOとエバヤンが年長組になっちゃってました。

当時、先輩風を吹かせていた人たちはどこにいったんだろうか?何てことを思うことも、たまにある。

 

地元は同じで同じイベントに呼ばれたりすることも多かったから、何度も共演はしてるんだけど、不思議なことにどちらかのイベントに呼んだり呼ばれたりすることは0に近いかも。

あえてそうしてきたつもりはなかったから、自然とそうなってた。

でも、スタジオでは顔を合わせることがあるから、久しぶりって感じもないし。

だからこうやってイベントに呼んで貰えることは、とても特別な感じ。

しかも、レコ発という大事な場面だから変に緊張しちゃうよね。

実際、久留米GEILSも先日の広島BoRDERもめっちゃ緊張した。

 

ざっと今までを振り返ってみて、広島BoRDER。

ライヴについて、あーだこーだと言うつもりはないけれど、ひとつ思ったことがある。

エバヤンはあの日あの時、ステージにいたのにステージにいなかった。

僕の目には、もう先のステージを見ながら演奏しているように感じた。

チーム大塚時代からのライヴを観てきて、一番の変化を感じたのはそこだった。

常に先を見据えてなきゃ、あんなパワーのいるステージはやっていけないよね。

ライヴが良かったのは言わずもがな。

でも、まだまだ『素晴らしき世界ツアー』は終わってないから、2/14@新代田FEVERでのツアーファイナルはもっと仕上がってるんだろうな。

My Hair is Badとの2man。もしこれを読んでくれてる関東圏の人がいたら是非目撃して欲しい!

 

 

何かエバヤンメインの内容になっちゃったけど、とても優しい先輩への感謝の意を込めて書いてたらこうなってしまった、、、(笑)

広島のお客さん達がとても楽しそうに泣いたり、笑ったり、歌ったり、口ずさんだりしていたのが印象的でした。

f:id:yamada_bass:20151222152929j:plain