さよならする きれいさっぱり

f:id:yamada_bass:20160302150539j:plain

この写真を撮って、もう3日前になりますが、IRIKO ×黒猫チェルシー沢山の方に観ていただくことができ、大変嬉しく思っています。

本当にありがとう。

 


黒猫チェルシー 『グッバイ』MV~Short Ver.~

今回の黒猫チェルシーのツアーが「グッバイ」リリースツアーとのことで、福岡篇は僕らIRIKOが対バンを務めさせていただいたわけですが、他の会場では名前をよく聞くバンドがツアーサポートしてて、本当に当日までは『嫌だなぁ...』と本気で思っていました。

僕らはドラムがサポートメンバーであり、また固定メンバーでもないので毎回毎回ライヴするのがプレッシャーです。

今回はサポートドラムに池谷はるか(the gofuku town)を迎えてのライヴになり、自分の責任とできることを擦り合わせて、何とかステージに立つことができました。

女の子ならではの柔らかさと丁寧さが、良い塩梅になったかなと思います。

まぁ、ライヴ中はいっぱいいっぱいなんであまり覚えてないんですけどね。

 

で、黒猫チェルシーの話。

ひとことで言うと、スゲーいい人達。人間性が音になって、歌になって、曲になってた。メンバーも幼馴染らしく、その辺のグルーヴは唯一無二でした。

ボーカルの渡辺大地くん以外は、小学校からバンド組んでたって話を聞いて、『そりゃ上手いわけだ』と納得。

サウンドもフレーズも一世代上の人たちの心をくすぐるようなものが散りばめられてたし、大地くんの歌はストレートだから、若い子たちにも届きやすい。

客層の幅が広かったのもこれまた納得。で、メンバーの優しい人柄。

良いバンドだな、と思いました。個人的には「アナグラ」生で聴けて、ちょっとテンション上がった。

お客さんも本当に楽しそうでした。

 

黒猫のみんなと、『今度はIRIKOの企画で福岡呼びます!』と約束したみたいなので、また約束を必ず形にしたいですね。

そろそろ『アマガミ』大きいのやりたいなと思っています。

今度はBEAT STATIONぐらいでね。1日貸し切ってやってみたいな、、、なんて。

久留米でやるのもアリだな、、、なんて。

 

 

3月からまた切り換えていきますので、よろしくお願いします。

次回は3.13@東京。久しぶりのアイツとのIRIKOです。どんなんなるんやろ~楽しみだな!

f:id:yamada_bass:20160302150520p:plain

f:id:yamada_bass:20160302150504p:plain

そうそう、『アマガミ ルート.8』も開催決定しています!

僕のベースヒーローとやっと対バンします(泣)

これはまた後日書きますので、お楽しみに。

iriko

 


グッドバイ THE HIGH-LOWS